ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > YOLO JAPAN、「外国人食堂」プロジェクトを始動

  2022年04月20日 




YOLO JAPAN、「外国人食堂」プロジェクトを始動


YOLO JAPAN、「外国人食堂」プロジェクトを始動
無料で食事・日本語学習体験などを提供、孤立する外国人の居場所づくりに

株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、大阪本社:大阪市浪速区、以下「YOLO JAPAN」)は、2022年4月27日(水)より食事・日本語学習・就労支援を行う外国人の居場所づくりとして「外国人食堂」プロジェクトを始動することを発表します。

コロナ禍において、感染不安による外出の減少や授業のリモート化などで、日本に来て孤立している外国人が多くいます。コロナ禍で経済状況が悪化・交流が減少している今だからこそ、人との繋がりを作れ、また仕事探しもできるような外国人の居場所づくりのために外国人食堂プロジェクトを立ち上げました。

226ヵ国21万人の在留外国人が登録している日本最大級のメディアを運営するYOLO JAPANは、これまで外国人向けの求人掲載サービスをはじめ、日本の銀行口座なしで在留カードのみで作成できる後払い機能つきプリペイドカードの提供、在留資格の変更・更新取次サービスなど、日本で外国人が必要とするライフサポートを提供してきました。また、レストランとイベントスペースを備えるYOLO BASEの運営も行っております。今後はこれらを合わせ、月に1度YOLO BASEにて無料で食事や日本語講座を提供する「外国人食堂」を開催することで、日本での仕事探しやライフサポートも同時に行うことを可能にします。

外国人食堂では無料の食事と共に、日本語講座の提供または企業との就職面談を月替わりで提供します。食事はスポンサーによる寄付とYOLO JAPANの持ち出しにより、毎月異なるメニューを提供する予定です。日本語講座では、第一学院高等学校の生徒による協力を得ながら実際に日本の友人・知人と話すときに使うようなやさしい日本語講座を提供します。また、YOLO JAPANに求人を掲載している企業との面談を通し、お仕事探しも提供していきます。これにより、参加する外国人は外国人食堂に訪れる新しい友人・知人への出会いを得ながら、一緒に仕事を探し、日々の悩みや出来事を共有する「居場所」となるように努めます。

今後もYOLO JAPANは日本に住む外国人のライフサポートを提供すると共に、YOLO BASEで様々な出会いを創出する外国人の居場所づくりに貢献していきます。

■スポンサーのお問合せはこちらから:
株式会社YOLO JAPAN
外国人食堂担当者宛
marketing@yolo-japan.co.jp

■開催概要
開催日時:2022年4月27日(水)17:00~19:00(16:45 開場)
場所:〒556-0003 大阪府大阪市浪速区恵美須西3丁目13−24 YOLO BASE
参加要件:日本に住む外国人
料金:無料
予約はこちらから:https://yolo-base.com/ja/