ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 「モデルナ難民」向けに余剰ワクチンを希望者に向けて開放

  2021年09月22日 




「モデルナ難民」向けに余剰ワクチンを希望者に向けて開放


株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、本社:大阪市浪速区、以下「YOLO JAPAN」)は、9月18日までに他会場でモデルナ社製ワクチンを接種し2回目の接種の予定が決まっていない方向けに余剰ワクチンを開放し、予約受付を開始することを発表します。

226ヵ国19万人の在留外国人が登録している日本最大級のメディアを運営するYOLO JAPANは、2021年9月12日に外国人を含む地域住民の方に第1回目のワクチン接種を行いました。そこでは、日本語を母国語としない方に向けて17言語の外国語で記入できる多言語予診票ツールを導入し、来場した外国人の3人に1人の割合で利用いただきました。

第一回目のワクチン接種で余ったワクチンを希望者の方に向け接種予約を受け付けることで、ワクチン廃棄を無くし、接種率の向上に貢献します。今後もYOLO JAPANは、より暮らしやすい日本にするため、外国人向けの就労・生活支援と共に企業の社会的責任を担っていく考えです。

【接種日】
2021年10月9日(土)

【取扱いワクチン】
モデルナ社製ワクチン(武田薬品)

【会場】
〒556-0003
大阪市浪速区恵美須西3丁目13番24号 YOLOBASE

【対象者】
・9月12日までに他の会場でモデルナ社製ワクチンの1回目を接種し、2回目接種のご予定が決まっていない方
・接種券/日本国内の住民票をお持ちの日本人・外国人
・居住地:全国 
・年齢:12歳以上
(参照:https://www.takeda.com/ja-jp/announcements/2021/covid-19/

【持参物】
・接種券
・予診票
・身分証明書(在留カード、運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)
・おくすり手帳(お持ちの場合)


【当日の注意事項】
・集合時間:接種時間の5分前には会場へお越しください。 ※接種者以外の方のご来場はご遠慮ください。
・服装:肩を出しやすい服装でお越しください。 ※接種会場での着替えはできません。
・ワクチンの接種後、YOLO BASE内で15分程度お待ちいただきます。
 体調に異常を感じた場合には、速やかに医師へ連絡してください。
・注射した部分は清潔に保ってください。
 接種当日の入浴は問題ありませんが、注射した部分はこすらないようにしてください。
・接種後の激しい運動や過度の飲酒等は控えてください。
・駐車場は台数に限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。


【予約フォーム】
下記リンクより予約が可能です。
https://www.yolo-japan.com/en/information/details/117