ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 日本最大級の在留外国人向け総合メディアYOLO JAPANが 求人広告掲載サービス「アルバイト助っ人外国人」をリリース

  2018年12月20日


日本最大級の在留外国人向け総合メディアYOLO JAPANが 求人広告掲載サービス「アルバイト助っ人外国人」をリリース


 日本に在住する外国人向け総合メディアを運営する株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、東京本社:東京都港区、以下「YOLO JAPAN」)は、外国人に特化してアルバイト求人の募集ができる「アルバイト助っ人外国人」をリリースいたしました。

 

本年6月時点での在留外国人数は約263万人*1と過去最多になり、今月8日には、外国人労働力の受け入れ拡大に向けた改正出入国管理法が成立しました。今後、様々な職場で外国人の存在感が格段に高まり、私たちの暮らしを支えるようになります。
 創業以来、YOLO JAPANは、外国人の雇用機会創出に取り組み、外国人採用に関する豊富な経験を蓄積し、多くの企業の人手不足を解決してきました。
 今般、はじめて外国人採用に取り組む企業でも、YOLO JAPANに登録する219の国と地域、57,000人以上の外国人を対象に、手軽に求人募集ができる新サービス「アルバイト助っ人外国人」をリリースいたしました。これにより、企業の人手不足問題を根本的に解決するだけでなく、外国人採用に際しての就労資格のチェックなど、企業にとってのハードルも併せて解決いたします。

≪「アルバイト助っ人外国人」の特徴 ≫
①国内最大級の在留外国人向け総合メディア「YOLO JAPAN」に求人掲載
 日本人だけでは人材不足を解消できなかった職場に助っ人外国人を。YOLO JAPANには、現在219の国と地域の外国人、57,000人が登録しています。国内最大級の登録数を誇るYOLO JAPANだからこそ人手不足に応えられます。
 なお、求人は英語、中国語(簡体字/繁体字)、韓国語、ベトナム語に翻訳して掲載。日本人向けのアルバイト採用媒体からは抜け落ちている候補者にもリーチできます。翻訳代金はかかりません。

②人気求人の秘訣をアドバイス
 応募の少ない不人気求人を人気求人に。外国人が魅力を感じるポイントは日本人とは少し違います。YOLO JAPANが人気求人の秘訣をアドバイスします。

③外国人採用で不安な不法就労リスクも心配いらず
 外国人採用で不安な不法就労。万一、不法就労が生じると企業と外国人の双方に多大な不利益が発生しますが、はじめて外国人雇用に取り組む企業が多種多様なビザをチェックすることは困難です。この点、豊富な経験を持つYOLO JAPANが企業に代わってビザをチェックし、就労制限などの就労条件をアドバイスします。


④面接前の安心サポート
 応募のあった外国人ときちんとコミュニケーションできるか不安。YOLO JAPANは応募者の日本語力を独自の基準で評価しています。したがって、面接前に応募者の日本語力を把握することが可能です。
 また、外国人との面接設定もYOLO JAPANが行います。これにより、外国人との慣れない日程調整での思わぬトラブルや行き違いを防止します。

*1 法務省「平成30年6月末現在における在留外国人数について(速報値)」http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri04_00076.html


≪ サービス紹介ページ ≫
「アルバイト助っ人外国人」専用ページはこちら。
こちらより、商品の詳細、導入事例、料金表等をご確認いただけます。
https://www.yolo-japan.co.jp/lp/suketto


■株式会社YOLO JAPANについて
商号:株式会社YOLO JAPAN
代表者:代表取締役 加地 太祐
所在地:東京都港区西新橋1丁目24番16号
設立:2004年 12月 24日
主な事業:訪日外国人向け総合メディアの運営
URL:https://www.yolo-japan.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社YOLO JAPAN
YOLO JAPAN事業部
鹿倉 大希(しかくら たいき) / 角屋 桃子(かどや ももこ)
東京 03-5544-8325 / 大阪 06-4302-5844


■資料請求、メールでのお問い合わせはこちらから
https://www.yolo-japan.co.jp/lp/suketto