ニュースリリース

ホーム > ニュースリリース > 南海電鉄グループと業務提携。沿線の人手不足に悩む企業等に外国人材を紹介するサービスを提供。

  2018年10月19日


南海電鉄グループと業務提携。沿線の人手不足に悩む企業等に外国人材を紹介するサービスを提供。


 日本に住む216カ国、50,000人の外国人が登録する総合メディアを運営する株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、本社:大阪市天王寺区、以下「YOLO JAPAN」は、南海フードシステム株式会社(取締役社長、寺田成、以下「南海フードシステム」)と業務提携をし、南海沿線を中心に人手不足に悩む企業等に外国人アルバイトの紹介と面接設定を行う「アルバイト確約面接」サービスを実施いたします。YOLO JAPANは、南海電気鉄道株式会社(取締役社長兼CEO:遠北光彦、以下「南海電鉄」)より、本年9月13日付で第三者割当増資の引受による出資を受けており、また、2017年11月に南海電鉄が事業主体に決定した「もと馬淵生活館・もと馬淵生活館保育園跡地(大阪市浪速区)」開発事業において、多文化交流拠点「YOLO BASE」を開設し、外国人向けのリアルな就労マッチング支援や生活支援を行うとともに、インバウンド観光客を含めた外国人に日本で暮らし働くことの魅力を伝えていくこととしています。

 

 YOLO JAPANと南海電鉄グループは、包括的な協力関係を基軸に、外国人材の力を南海沿線の活力へとつなげることを企図しており、今般の業務提携はこれを具体化する取組のひとつとして位置付けられるものです。

 YOLO JAPANは、外国人に愛着をもって日本で生活していただくとともに、地域の課題解決に寄与するため、様々なサービスを提供してまいります。

 

● 「アルバイト確約面接」とは
 日本に住む216カ国、50,000人の外国人が登録するYOLO JAPANが、アルバイト候補者を人手不足にお困りの企業等にご紹介し、面接を設定することで課金させていただく新しいタイプの求人サービスです。従来のアルバイト情報誌における「求人を出しても応募がない」「応募があっても面接に来ない」といった課題を解決します。
 アルバイト候補者には予めYOLO JAPANが1次面接を実施し、VISAの確認などを行うことで、雇用側と労働側の双方の不法労働リスクを回避します。その後、企業等にアルバイト候補者をご紹介し、面接に至る場合のみ課金させていただきます。
 南海フードシステムが販売を行い、YOLO JAPANが面接までのサポートを行います。

 

● YOLO JAPANと南海電鉄の取組
(1)「YOLO BASE」プロジェクト
・建物概要
所在地 大阪市浪速区恵美須西3丁目59番3
敷地面積 4,873㎡(1,474坪)、延床面積 3,152㎡(955坪)
・開発スケジュール
2018年12月 新築工事着工
2019年 9月 開業(予定)
(2)南海電鉄からYOLO JAPANへの出資(第三者割当増資の引受)
・株式発行日 2018年9月13日

お問い合わせはこちら