【中小企業向け】留学生・外国人向けアンケートや市場調査 | 株式会社YOLO JAPAN

無料調査レポート

 

TOP 無料調査レポート>配送に関する調査レポート

配送に関する調査レポート

配送に関する調査レポート

在留外国人の配送サービスの利用及び就労についてのオンラインアンケート調査配送に関するアンケート調査結果

概況

現在、配送業界ではEC市場の急拡大や商品流通の技術改善によるマーケット拡大に伴い、配送サービスの需要が年々増加しています。
一方でドライバーの高齢化や志望者の減少など、業界全体が深刻な人手不足に直面しています。
そこで、YOLO JAPANでは新たな人材の担い手として、日本に住む外国人へ配送サービスに関するアンケート調査を行いました。


調査概要

調査内容:配送サービスの利用及び就労についての意識調査
回答者:日本に住む在留外国人(国籍不問)
回答数:94ヵ国(地域含む)・915名
期間:2019年9月30日~2019年10月30日
実施内容:該当者の招集、アンケート画面作成、翻訳・実査、クロス集計、レポート作成
提供対象者例:運送会社、タクシー会社、宅配会社、引越し会社、報道機関、日本語学校、外国人人材サービス会社、大学


調査結果

・72%の在留外国人が日本の配送サービスでの就労を希望
・希望の月給は20〜29万円が半数近く
・就労先として最も人気がある配送業はUberに代表される自転車便
・運転免許証の所持率は約30%
・半数近くが配送サービスの仕事をするにあたり言語面で不安



72%の在留外国人が日本の配送サービスでの就労を希望


日本の配送サービスの企業で働いてみたい在留外国人日本の配送サービスの企業で働いてみたい在留外国人


配送サービス業界での就労を経験したことがある外国人は10%(89人)であるのに対し、日本の配送サービスで「働いてみたい」または「給料が良ければ働いてみたい」と回答した人は72%(656人)となりました。



希望の月給は20〜29万円が半数近く


在留外国人が配送サービスで働く際の月給額の希望在留外国人が配送サービスで働く際の月給額の希望


希望する月給は、20〜29万円が42%(277人)と最も多く、次いで30〜39万円(21%、141人)、18〜19万円(11%、69人)という結果となりました。



就労先として最も人気がある配送業はUberに代表される自転車便


在留外国人が就労してみたい配送サービス在留外国人が就労してみたい配送サービス


働いてみたい配送業の種類で最も人気だったのが、Uberのような自転車便が39%(259人)で、次いでドライバーが28%(182人)、バイク便が26%(174人)という結果となりました。



運転免許証の所持率は約30%


在留外国人の日本の運転免許保持率在留外国人の日本の運転免許保持率


日本で運転可能な運転免許証を持っていますか?という質問に対し、「はい」と回答したのは全体の29%(269人)、「取得予定」と回答したのは34%(311人)となりました。



半数近くが配送サービスの仕事をするにあたり言語面で不安


在留外国人が配送サービスで就労する際の懸念点在留外国人が配送サービスで就労する際の懸念点


配送サービスの仕事をする上で不安な点として挙げられたのは「言語」が47%(431人)と最も多く、次いで「土地勘の有無」が36%(331人)、「コミュニケーション」が35%(323人)となりました。



まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ
在留外国人・留学生が回答する市場調査ならYOLO JAPAN|オンラインアンケート調査