株式会社3D!

株式会社3D!

 【事業内容】歯科模型の3Dスキャン及びクラウドサービス

希望の時間に働いてくれる即戦力を獲得。


課題

- 希望の時間帯に入ってくれる方が見つからない

- 求人情報を掲載しても採用まで至らない

目的

- 会社の戦力となる人材を確保したい

効果

- 希望する時間帯で働いてくれる人材が確保できた

- 優秀で真面目な外国人を採用できた

- 機器のアイドリングタイム削減


株式会社3D!は、3Dスキャナーと3Dプリンターの技術を利用した歯形模型のデジタル化サービスを展開。業界に革命をもたらす新技術として様々なメディアに取り上げられる、歯科の未来を変える会社。 歯型のスキャニング業務の人員を確保するため、YOLO JAPANを利用し、外国人採用に至りました。今回、代表取締 荒川 愛子さんと、外国人スタッフのLahiruni Gunathilakaさん (以下ラヒルニさん)にお話をお伺いしました。

今まで解決が難しかったシフトの問題も外国人採用で解決!

人材採用における課題を教えてください。

夜間や休日に勤務できる人をなかなか確保できないことです。こちらが働いてほしいと思う時間と応募者の希望が違う場合もあります。

サービス導入後、その課題はどうなりましたか?

育児中の主婦が勤務しづらい夜間や休日に外国人アルバイトスタッフがシフトを入れてくれまして、それによって機械のアイドリングタイムが大幅に減らすことができました。また、作業の覚えがとても速く、即戦力となったので非常に助かりました。今では社内で活躍するスタッフの一人になっています。

YOLO JAPANのサービスを利用する前は、どのようなサービスを利用してましたか?

国内向けの掲載サービスです。

そこからなぜ外国人採用に踏み切ったのでしょうか?

一昨年くらいにその掲載からインド人が来たんです。そこで来ると思ってなかったのでびっくりしたんですが、その彼女がすごい優秀で、母国ではMBAを持っているような方でした。その方と働いてみたら、すごく心地よくて、そこから外国人採用に興味を持ち始めました。

YOLOさんに登録しているような方って、やっぱり日本で働きたいって強く思っている方が多くて、そういう方のほうが真面目に働いてくれると思うので、いいなって思います。 今働いてくれている方は情報通りの日本語力でしたし、ビザをチェックしてくれるということは非常に大きかったですね。自社でやろうとすると結構大変なので、その点はありがたかったです。

外国人採用には受け入れ側の協力も必要。

外国人採用に対し、不安はありましたか?

最初はありました。マニュアルがすべて日本語でしたし、彼女自身も日本に来てまだ日が浅かったので、コミュニケーションが取れるか不安でしたね。

それをどのように解決しましたか?

彼女がもともと母国で日本語を学んでいたのである程度の簡単なコミュニケーションならできました。
ただ、やっぱりそれだけではまだ不安ですよね。「わかりました」と本人が言ってもそれが本当に伝わっているかどうかわからないので、私たちは日本語で伝えた後、英語でも言い直すようにしてます。LINEも同じです。
でも、彼女たちは日本に日本語を勉強しに来ており、英語だけで話したら意味がないと思うので、日本語と英語の両方を話す、そこを徹底していますね。

言語以外では不安がありましたか?

私たちは彼女の宗教や習慣に対して知識がないので、そういったところに理解ができるか不安でした。お祈りの時間とかあると思うので、そういうのがあった場合はどうすればいいのかなと。前に働いてた方はインド人だったので、食べられないものとかあって。
私たちにとっては普通のことでも、彼女たちにとっては普通じゃないことがありますし、その逆も。
うちの会社、以前、月に1回みんなで食事をするというのがありまして、その時に文化の違いで食べられないものがあって、その時、インド出身の子は何も食べられないということがありました。その後からはそこを気をつけてご飯にするようにしましたし、あとは彼女がご飯を作ってくれるということがありました。そういった文化の違いも非常におもしろかったです。

YOLO JAPANのサービスを通じて採用された
外国人応募者にもインタビュー!

YOLO JAPANのサービスを通じて採用されたラヒルニさんにもお話を伺うことができました。
ラヒルニさんは、スリランカ出身。2018年4月来日。

外国人応募者の一問一答

どのくらい日本語を勉強していますか?

1年です。スリランカで半年、日本で半年です。

週何日、株式会社3D!で働いていますか?

週5日間ここで働いています。学校には、毎日13:00~16:00まで行き、そのあとここで働いています。

日本で働く前にどのような不安がありましたか?

日本で自分にあったアルバイトが見つかるかどうか不安でした。

どのようにしてYOLO JAPANを知りましたか?

日本に来たあと、インターネットで会社HPとFacebookを見つけ、登録しました。

将来はの予定は?

ビザを取って日本に住んで仕事がしたいです。

今の仕事はどうですか?

Amazing!社長もスタッフも全員非常に親切で、ここで働くことが大好きです。
友人はいろいろなところで自分に合う仕事を探すことで苦労していますが、私は3D!と出会い、働けて本当にラッキーだったと思います。

勉強にも仕事にも真面目に取り組むラヒルニさん。
荒川社長だけでなく全従業員からの信頼を得ています。
そんな彼女は、将来的に日本での就職を目指し日々奮闘中。
本日はお忙しい中、ありがとうございました!

YOLO JAPAN スタッフのコメント

株式会社3D!で働ける外国人応募者はきっと幸せです。それは、外国人を理解しようとする受け入れ態勢が整っている株式会社3D!だからです。
実際に働いているラヒルニさんもここで働けていることに感謝していました。外国人採用とは、雇用する側も雇用される側も、相互理解の姿勢を持つことから始めるべきなのかもしれません。

お問い合わせは、こちらからお受けしております。
ご要望やその他のご質問等お気軽にご相談ください。