ポムの樹 ヨドバシ梅田店

株式会社ポムフード

【業態・業種】飲食・レストラン・フードサービス

【店舗数】130店舗以上

【掲載店舗】ヨドバシ梅田店, サンドdeスープ 目黒セントラルスクエア店

目に見える費用対効果が魅力的でした。


課題

- 求人情報を掲載しても人が集まらない、日本人だけの労働力には限界があった

- 外国人採用を考えるも採用がうまくいかなかった

- 面接を設定しても当日面接に来ない人が続出した

目的

- 人員不足を外国人の労働力で解決したい

- これまで利用していた他媒体で効果が出なかったため、新しい求人媒体の利用を決意する

効果

- 掲載から面接までがスムーズ、効果をすぐに感じられた

- 特に人手不足だったキッチン業務において外国人スタッフが戦力になった


株式会社ポムフードは創作オムライス ポムの樹, 街の洋食屋さん, ポムの樹Jr.のブランドを展開。こだわり卵を使ったバラエティーに富んだオムライスは幅広い年齢層の方に愛されてています。YOLO JAPANのサービスを利用し、外国人採用に至ったヨドバシ梅田店について、本社内部監査室の山口さんと企画室 西日本エリア チーフリーダーの山際さんにお話をお伺いしました。

日本人が集まらないので外部的要因を変える必要があり、
外国人採用を取り入れた

人材採用における課題を教えてください。

山際さん:求人情報を掲載しても応募がないので採用ができない、というところが課題です。 特に大阪駅週辺はここ1~2年でフードコートやレストランフロアが増えたため、働き手の取り合いになっている気がします。 ポムの樹ヨドバシ梅田店は立地も良く、週辺の店舗の平均時給より高時給設定をしているのにもかかわらず人が集まらなかったので困っていました…

YOLO JAPANを利用したきっかけは何ですか。

山口さん:ホテル事業を手がける会社から紹介を受けて利用しました。もともと外国人スタッフが在籍している店舗があったので、新しい人脈に繋がるという目的で外国人採用を進めていて、YOLO JAPANの他にもフィリピン人に特化した求人媒体なども利用していました。

確実に面接にくるYOLO JAPANのサービスは費用対効果が高い

他の外国人専用の求人媒体も利用されていたのですね!どのような感じでしたか。

山口さん:フィリピン人専用の採用媒体からは30人ほどの応募がありましたが、言葉能力の問題で採用できず、こちらの条件に合う方もなかなか採用できませんでした。2週間で10万円くらいの費用で…採用できたのは2人くらいです。

山際さん:他の外国人用の求人媒体を利用していたのですが、2週間掲載し9件ほどの応募に対して、面接に至ったのはなんと0件でした。

0件ですか!9人の方と連絡をとる工数がかかったのにもかかわらず、結局面接すらできなかったということですね。

山際さん:はい、私の時間は一体何だったんだ・・・と思っちゃいますよね。
ご連絡をしても、応募した記憶がないと言われたことあります。面接日時をやっとのことで設定し、いざ面接当日来ない、音信不通、なんてことが続きました。
まあ、今はWEBで簡単に応募ができる分、外国人に拘わらずこういうことって多いんですけどね。

いわゆる面接のすっぽかしですね、YOLO JAPANのサービスはいかがでしたか。

山際さん:他社と比べてお世辞抜きでよかったと思います。5名面接して3名採用、2名が今も働いてくれているので他社と比べてすごく良い成果だと思ってます。サポートスタッフがひとつひとつ丁寧に対応してくださったのも良かったです。

サービス利用までに不安なことはありましたか。

山口さん:掲載期間内で5人も応募があるのかと少し不安だったのですが、ヨドバシ梅田店では掲載開始から20人ほどの応募があり、すぐに効果を実感しました。

山際さん:言葉の壁、文化の壁があっても、うまくコミュニケーションをとっていけるのかが不安でした。

洗い場で外国人スタッフが戦力になった。ゆくゆくはホール、接客業務も任せたい。

ヨドバシ梅田店では初めての外国人採用とお伺いしておりましたが、外国人を採用する前と後では印象が変わりましたか。

山際さん:日本語能力不問で募集していたということもあり、コミュニケーションで苦労するところはある程度想定したので、想定どおりというところでしょうか。
採用した方は一生懸命働いてくれていますよ。キッチン業務で主に洗い場を担当していて、ゆくゆくは洗い場の他にもオムライスを巻くためのバターライスをつくったり、簡単な盛り付けをしたりができるようになってほしいですね。でも、洗い場をしてくれるだけでも本当に助かっているんですけどね。将来的に日本語のレベルが上がればホールにも出てほしいなと思います。海外のお客様がいらっしゃったときに英語や中国語でスムーズに話してくれると大変助かります。

外国人スタッフ目線でコミュニケーションをとる

日本人スタッフは外国人スタッフにどのような印象をもっていますか。

忙しい時に本来は簡単に伝わる内容でもコミュニケーションがうまくいかないことがあり、仕方ないのですがもどかしいところがあるようです。

しかし敬遠するような雰囲気ではなく、外国についての知らない話を聞けるので新鮮とのことで、いろいろと聞いているみたいです。

外国人と一緒に働くうえで何か工夫していることはありますか。

山際さん:ジェスチャーを多く使う、ゆっくりと話す、伝わりやすい日本語で話すといった事を意識しています。ある程度外国人に目線を合わせて接することでコミュニケーションを図っています。あと、何故か日本人が逆にカタコトになって話しています(笑)

多言語対応マニュアルの必要性

今後の課題は何でしょうか。

山際さん:最初に教える事が一番苦労するのでよく使う指示内容、業務内容を日本語と他の言語で翻訳したマニュアル等があればいいなと思います。そういう対応をしないといけないなとは思っているものの、特に言語面で難しく、なかなか作れていません。将来的には取り組めるようにしたいと思っています。

インドネシア人のジュリアさん。 日中は日本語学校で勉強しながらポムの樹のキッチンでアルバイトをしています。
写真は恥ずかしいとのことでしたので日本人スタッフと撮影しました。 これからも素敵な笑顔で頑張ってください!

本日はお忙しい中、ありがとうございました!

YOLO JAPAN スタッフのコメント

ポムの樹ヨドバシ梅田店の求人内容はとても人気がありました。その要因としては、日本語能力不問、勤務時間がフレキシブル、高時給であることがあげられます。まず第一に求める日本語能力のハードルが低かったので人が集まりやすく、勤務時間もランチタイム・ディナータイムに限らずの募集であらゆる方からの応募がありました。また、大阪では時給900円台の店舗が多い中、1,000円を超える時給設定は注目されました。面接ご担当者の方にはメールや電話でのご連絡等、迅速にご対応いただき、面接までスムーズに進んだこと、感謝しております。

お問い合わせは、こちらからお受けしております。
ご要望やその他のご質問等お気軽にご相談ください。